カタやんのとよのマル秘情報ファイル No.9

「そしてワシは途方に暮れる...茶味礼賛 第4煎   

 この夏ワシは、春の番茶の水出し一辺倒じゃった。きっかけは実にささいなことで、確かあれは7月末頃のことじゃった。
クソ暑い悪夢のような夏が始まろうとしていた。ワシは来るべき酷暑の季節にそなえ、ほうじ茶に煎茶や和紅茶と、夏を乗り切る2018年夏のお茶を探し求めておったんじゃがこれというのが見つからない。どのお茶もワシの心ぽっかり空いた穴を埋めることはできんかった。
   ワシのガラスのハートにぽっかりあいた穴。それはもちろん6月に大阪北部を襲った大地震。阪神淡路の巨大地震を体験したワシは、まさか2度までもうんざりするような災厄に見舞われるとは思ってもいなかった。うかつじゃったと悔やんだところであとのまつりじゃ、どうにもならぬ。ワシの部屋は、ワシの腰あたりまで崩れた本で埋め尽くされ、机の上にもうずたかく本は押し寄せた。そしてワシは途方にくれた。今ワシは、本に埋もれながらも九死に一生を得たノートパソコンでこのブログを書いておる。

 

  思い返せば23年前、総崩れした本の山の前でワシは決意したのではなかったか。「もう2度と恋などしない」と…。本に恋し紙の海に溺れる愚とはキッパリ縁を切ったはずじゃった。にもかかわらず、性懲りもなくワシはふたたび本に埋もれた部屋の前で立ちつくし、そしてワシは途方にくれる。
 この日以来、欠かさず飲んでいたゆっくりと茶が、何を飲んでも、どんな飲み方をしても以前のように美味しいとは思えなくなってしまった。それでもなんとか夏序盤の猛暑は、冷たい水出し煎茶で乗り切った。水出し煎茶の味わい深さについては、前々回のブログ#7「何も言えなくて、夏の煎茶」に詳しく書いておるからご参照いただきたい。
 が、そこまでじゃった。7月末にワシの心は折れた。日々、茶葉の量は増し、濃いお茶に傾倒していくが、いくらお茶を濃くしてもワシは満たされない。夏はまだこれからじゃという時にワシの心は折れた。濃い〜耕心茶で心に喝を入れてみようとしたが、健康茶の代名詞、お茶の中のお茶、お茶ワールドのホームラン王、耕心茶をもってしてもワシの心は癒せなかった。大阪北部地震でずたずたになったワシの心に必要なのは、ガツンとくる刺激じゃと、ワシは思いこんでしまっていった。
 水出しにすると血糖値を抑える成分、ポリサッカライドが抽出されると注目の「ゆっくりと春のほうじ茶」もまた同様であった。すこぶる濃い目にして敢えて煎じて飲んでもみた。悪くはなかったがなにかが足りない…
 さあ、こまった。どないしたらええんやろう?汗だくになりながら、崩れた本の山を整理していた休日の昼さがり、ワシはすべてが面倒くさくなって、なにもかもがどうでもよくなって、やけっぱちで春の番茶の茶葉をケチくさく、ほんのひとつまみだけボール茶こしに放り込み、2リットルのヤカンに入れた。なみなみと水を満たして。

   

 待つこと15分。グラスにそそぎひととき清涼を求める。用意したグラスは3種類。カップではなく断然グラス。夏はガラスの器じゃよ。200ccのコーヒーカップ、350ccのロンググラス、そして500ccのビアグラス。その日の気分でお好みの器を決めるのが、お茶大好きフリーター、ワシの流儀じゃ。この日は、ロングカクテルを飲みたい気分もあって、真ん中の350ccのグラスでイッキに水出し番茶を飲み干した。するとどうじゃじゃ。ワシがこれまで敬遠していた水出し番茶特有のナマっぽい(ナマなのだから当然じゃが)青臭さを感じることもなく、ほんのり甘く奥ゆかしい春の番茶が溶け出していた。ワシが思うにおいしいお茶の要因は、1、「いつもより茶葉を少なめにしたこと」。2、「酷暑の日々に水温も気温なみに上昇、なまぬるい水で茶を出ししたこと」が、疲れたワシの心をもみほぐす絶妙の味わいにつながったのではなかろうかい。

 

  もちろん、「ゆっくりと茶」が無農薬・自然栽培茶で、がぜん健康的であることや、とくに「春の番茶」は、茶樹を越冬させて翌年の春収穫することで大地と空間のエネルギーをがっぽり吸収しているといった超自然的恩恵など、ワシの心にプラシーボ的作用をもたらしたと言えなくもない。さらに、科学的な観点からも、水出しの番茶には、血糖値をおだやかにするポリサッカライドが含まれておるので、体調が改善するのも当然と言えば当然なのだが、今回ばかりは、すべてを超越した何かがワシに手を差し伸べていた。茶葉を少なくしたことで茶葉さんたちが頑張ってくれて、茶のおいしさを引きだしてくれたのかもしれぬ。茶葉のやさしさが、ゆっくりとワシを元気づけてくれたのじゃと思いたい。
8月に入ってからは、連日2リットルのヤカンで朝夜2回、水出し春番茶をつくり飲み続けた。このお茶のおかげでワシは、厳しい夏の後半を乗り切った。夏バテにやられがちな季節の変わり目、なぜか心沈む秋の憂いにも屈することなく、水出し番茶を心の友にどうにかこうにか生き抜いておる。ワシにとって春の番茶は単なるお茶、ではなくなった。同志というか、気心通じ合った心の友となった。
さあみなさんも、思いがけない出来事で心をすりむいてしまったら、少々淡いめ、春の番茶に癒されてみませんか。

 

  春の番茶 180g 760円


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM