は〜い!カラオケ大好きフリーターのカタやんで〜す。「とよのマル秘情報ファイル」、気がつけばはや第6回。今日も元気に豊能障害者労働センター(以下、とよの労セン)の素顔をあばいていくぜ!


 さて今回は、箕面市坊島にあるリサイクルショップ「ぶらぼう」の巻。そもそもブラボー!というフレーズは、コンサートなどで歌や演奏が終わった時に発する大音声、ブラヴォォォォーじゃ。イタリア語でBRAVO(ブラボー)。日本語ならさしずめ、「お見事っ!」とか、「いよっ日本一!」、「松島家!」など、喝采のかけ声みたいなもんじゃろう。

 おお、そうじゃ。「喝采」といえば、誰もが知っている昭和の名曲、1972年日本レコード大賞受賞曲、「喝采」を避けては通れぬ。

 ♪いつものように幕が開き、恋の歌うたうわたしに

  届いた手紙は、黒い縁取りがありましたあああああ〜

 うおー、涙ちょちょ切れ、名曲じゃ。拍手喝采、大喝采!ちあきなおみ様の「喝采」は、ワシのハートをわしづかみ。おお、ワンダフル!すばらしい!!感動したぁ〜!!!ブ、ブ、ブ、ブラヴォォオーーーーッ!!!とまあ、こんな時に叫ぶのがブラボーじゃ。

 この喝采のかけ声を敢えてひらがな表記の「ぶらぼう」として、箕面市を東西に結ぶ交通の要衝、坊島に店を出したのは2002年。誰もが気軽に立ち寄ることができ、坊島地域の活性化をも狙ったフラッグショップ。「ぶらりぼうのしま」なるキャッチフレーズも功を奏し、店の前には箕面のセレブたちも高級車を横付けする人気店。まさに坊島のランドマーク、それがリサイクルショップ「ぶらぼう」じゃった。さらに驚愕の事実が判明した。なんとセレブたちのお目当ては、箕面のヨンさまじゃと言われておったらしい。ヨンさまといえば、あの「冬のソナタ」のチュンさんやぞ。チョン・ユジンさんの恋人役のイケメンじゃ。

 というわけで、さっそく真偽を確かめるべく、ワシは「ぶらぼう」の潜入取材を行った。「ぶらぼう」でワシを出迎えたのが店長のI君。

「いつもすみません。」I君は言った。ワシは、とよの労センでは一介のアルバイトに過ぎぬ。ところがI君は、そんなワシに対しても腰が低い。丁寧で一途な男性じゃ。やせ形、くるりとした目、きまじめにして謙虚。傲慢なワシですら思わず腰を折ってしまう人徳と人並みはずれた謙虚さが、I君にはある。

 さっそくワシは、I君に聞いた。「Iさん、『ぶらぼう』の特長はなんでっしゃろ?」

「そうですねえ…昔からいろんな和服を販売していることじゃないでしょうか。」

「ほう…」と興味深くうなずくワシじゃが、真の目的はそこではない。「ところで、Iさん。この店に箕面のヨンさまがいたという話、知っとるけ。」

「箕面のヨンさまですね、はいはい…」衝撃発言じゃった。本当に箕面のヨンさまはいるらしい。驚きのあまり絶句するワシ。

「以前、カラーチラシの撮影でマフラーを巻いたことがあるんですが、あまりに決まりすぎて自分でも驚きました。ヨンさまそっくりでした。」

「????」ひょっとして、ヨンさまというのはI君自身?なんとウワサの出どころはご本人かえ?え、え、え、え。I君の自画自賛ぶりはお見事っ!というほかに言葉が見つからない。もし、別の言葉があるとしたら、ブ、ブ、ブラヴォォオーーーーッ!じゃろうよ。

      ぶらぼう 箕面市坊島3丁目21-5 ☎072-720-7739


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM