は〜い!老いぼれフリーターのカタやんで〜す。「とよのマル秘情報ファイル」もめでたく第4弾。今日も元気に豊能障害者労働センター(以下、とよの労セン)の素顔をあばいていくぜ!


  今回は、リサイクル事業の舞台裏パート2。とよの労センには、創立の頃から30年余も続いてきた伝統の難行、チラシまき!がある。世間ではポスティングなどと舶来語を使っておるが、とよの労センでは昔も今もチラシまき!一本じゃ。一軒一軒こつこつとリサイクル事業について知ってもらうため地道な努力を続けてきた。

  ところが、このリサイクル事業、100円ショップの乱立や消費者のブランド離れが災いし今や崖っぷち、逆境に立たされておる。そんな厳しい現状を感じつつ、去年7月、ワシもスタッフのH君とふたりで初のチラシまき!に挑んだ。

真夏の炎天下。場所は蛍池界隈の住宅地。一度に1000枚のチラシを配って歩く。チラシの詰まった布バッグは重かった。バッグを持っているだけで汗が噴き出した。おまけにその日は夏一番の猛暑だったため、いきなり全身汗びっしょり。熱中症と背中合わせの生死を賭けた難行苦行とあいなった。

  灼熱地獄の昼下がり、入道雲を突き刺したかと思えるほどの高層マンションを見つけた時はうれしかった。「これでチラシの100枚や200枚は一挙に配ることができる。やったぜ、Hさん!」とワシが叫ぶ。H君もなんか言うたが聞きとれんかったが、「地獄に仏とはまさにこのこと。神のご加護じゃ、ズビズバ!」。

  が、しかし、現実は冷酷じゃった。郵便受けに記された非情な一文。チラシ、勧誘いっさいお断り。

「オーマイガッ!」

「このマンションはダメですよ。」H君は冷静だ。さっき何か言ったのはこれか。蜘蛛の糸がプツンと切れ、真っ逆さまに血の池へと転落したカンダタの思い、しかと受け止めたぞよ。ワシの目からは一筋の涙。

「どーしたんですか?」とH君。

「なんのこれしき、心の汗じゃ。」ワシは、そうウソぶいた。

血の汗流せ、涙をふくな、行け行けカタやん、どんとゆけ!炎天下の住宅街をさまようこと1時間30分。ワシもH君も脱水状態でヘロヘロじゃ。そこにこつ然と現れる清涼飲料水の自動販売機。

「救われた。神のご加護じゃ、ズビズバ!」。

「Hさん、なんか飲まへんけ?」

「のど乾いてるけどお金持ってない…」と答えるH君。

「オーマイガッ!」。ワシは絶句した。が、仕方ない。なけなしの300円を出して言う。

「なに飲む?」H君は答えた。

「○○レモン」。一番高いやつだった。なんてやつだ、遠慮ちゅうもんを知らんのか。プリプリ…

 

 こうしてチラシまき!は夏じゅう続いたが、年寄りは危いと思ったか、その後ワシに声はかからんかった。

 秋。台風による甚大な被害を乗り越え、スタッフ間の絆は深まった。

 冬。昼なお凍てつく北摂の町は日中でも摂氏1〜2度という日々が続いた。チラシまき!も続いた。スタッフは寒さをものともせず歩いて配って、ふるえながら帰ってきた。逆境がスタッフを強くする。これこそが労センの財産だ。胸の奥からこみあげてくる熱いものにワシは酔いしれていた。

 

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM