は〜い!お茶大好きのオヤジ、カタやんで〜す。「とよのマル秘情報ファイル」No.1は、豊能障害者労働センター(以下、とよの労セン)おススメの『ゆっくりと茶』を紹介するよ。紹介とは言ってもほめるばかりじゃないんだ、いいことも悪いことも全部ぶちまけてやる〜っ!


『えっ、あんたはいったい何者か』って?…カタやんは、週に数日とよの労センでアルバイトしている老いぼれフリーターで〜す。専従スタッフのF君が、初めて会ったその日からワシのことをカタさん、カタさんと呼ぶので、カタやんと名のることにした。カタは堅苦しいのカタかもしれぬし、アルバイトゆえ肩身の狭さがF君にそう呼ばせたのかもしれぬ。が、ひょっとするとFのヤツ、ワシの名まえを間違えているだけじゃないのか?ケッ、ナメやがって…まっ、いいか。


というわけで、ワシはフリーターのカタやん。好奇心旺盛、好きになったらとことん愛し抜く。お茶もそのひとつ。15年間で買ったポット・急須の類は20個以上、一日に飲むお茶・コーヒー、冬なら2リットル。夏場は4リットルを軽く越えるお茶依存症よ。昭和生まれのカタぶつが、吠えてかみつく負け犬遠吠え大合戦、記念すべきNo.1は、番茶にまつわるマル秘な話、さっそくスタート!
とよの労センで一年中コンスタントに売れている一番人気のお茶は、な〜んだ?


たぶん「春の番茶」かな。その理由は、ワシが大好きなお茶だから、ガハハハハ…。昔からよく言うだろう、「鬼も十八、番茶も出花」。醜いもののたとえである鬼も、年頃になりゃ美しくなる。番茶もいれたては良い香りがするということわざで、人は誰も大人の階段を前に、その人本来の魅力を発揮するんだという青春の真理を説いた名言さ。胸の奥底にジーンときて、涙がちょちょ切れるだろう。ああ、番茶の香りがワシを誘う。あの頃ワシも若かった。男前で髪の毛ふさふさ、筋骨隆々。運動会では常に先頭走るヒーローやった。ぐふふっ。嘘だよ…


真夏の日差しをたっぷり受けたくましく育った茶葉でつくる番茶は、まさにワシの青春そのもの。「煎茶」みたいなエリートでもなし、「耕心茶」のような文化勲章功労者とも縁がない。しょせんワシは番茶だから、トホホな番茶だから…が、しかし、「春の番茶」は違うんだ。新茶を摘んだあとの二番茶葉を、翌年春まであえて収穫せず、風雨にさらしてひと冬を、越して摘み取りお茶になる。その味わい深さはこの上なし。甘さとホロ渋さが胸の奥の方でとけ合った「春の番茶」は、ワシにとって…まさしく、「青春の番茶」なのであります。

 

180g 760円(税込み・送料別)


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM