毎日の生活の中で、安心して飲み続け、心も体も癒される
無農薬・自然栽培の「ゆっくりと茶リレーエッセイ」を連載しています。


 

2月10日に豊能障害者労働センターが、通信販売で、

「ゆっくりと自然と共に」って言うお茶事業をしてて、

そのお茶を製造してる健一自然農園の所に行きました。


初めての取材とかもあって緊張と楽しみもありました。

 

場所は奈良県の大和のほうで広い土地があって、

お茶の木がいっぱいあってその木を三年かけて根から丸ごとばっさいして、

お茶の木を無駄なく丸ごと使用して、

お茶工場で一つ一つ人の手で葉と芽と木をよりわけて選別したりと

大変な作業してて、そこには障害者も一緒に仕事をしてて、いろんな方がかかわって

たくさんの人達がお茶を作ってるんだなと思いました。

 

僕は一つの事をたくさんの人の手でお茶を作ってるんだなと思いました。

やっぱり自然は空気もきれいで、お茶の木も丸ごと使うので捨てることがなく、

環境にもやさしく、自然なエネルギーは何か無限に広いような気がします。

 

僕はお茶がこんな風に作られるとこが見たことを学びました。

 

 健一自然農園で作られる耕心茶は、

リサイクルショップ「ゆっくり」と「ぶらぼう」にもおかせていただいているので、

もしよろしければ「ゆっくり」と「ぶらぼう」にたちよったさい一度試飲して見てください。

 

ちょっとホッとします。

 

 

豊能障害者労働センター

稲森 淳

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM