毎日の生活の中で、安心して飲み続け、心も体も癒される
無農薬・自然栽培の「ゆっくりと茶リレーエッセイ」を連載しています。


 わたしが今一番好きな時間は、健一自然農園のお茶を煮出しているとき。
部屋中がとてもいい香りで満たされていく。

その香りをかいでいると、不思議とふにゃ〜と顔がゆるんでいく。
いい香りって流れるように染み込んで、カラダが本能的に「好き」って反応をしめすみたい。
スーっとしてほのかに甘い。

アロマテラピーも好きで、たまに気持ちをゆったりさせたいとき精油を垂らしてみたりする。
花や葉、木部、果皮、樹皮、根、種子などの自然植物の芳香だからカラダは受け入れやすいけれど、
香り成分が凝縮されているせいかほのかに勢いが強い感じがする。

時にはこの濃度が必要な場面もあるのだけれど、
このお茶っ葉をたくときの香りには余分な勢いが全くない。

ずっと前から知っているような懐かしい匂い。
いつでもしっくりくるので、日本の風土にあったより自然なアロマテラピーなんだと思う。

健一自然農園のお茶との出会いは、友人からのプレゼントだった。
紅茶好きということもあって「和紅茶」をセレクトしてくれた。
わたしにはもともとあるハンディスーツの関係で、身体を健康に保つ力が少なかったり、
めぐりが鈍かったりする。
とりわけ呼吸機能が弱いので、冬場は長いあいだ体調を崩すことが多い。
そのとてもパワーが弱まっている時に、はじめて紅茶をいただいた。
必要以上の刺激がない、とても穏やかな味わいだった。

「ハァ〜、落ちつく飲み心地だなあ」とほっこりした。
それからなぜかご縁があって、SHOPで同じお茶が売られているのを見つけ、
元気になってほしいなと感じる人にこっそり贈ったりしていた。

そのうち労働センターでも取り扱いされるようになり、
もっと身近にお茶の話がでるようになった。

そのつながりで健一さんのお茶のファンはだんだんと広がっているけれど、
おもしろいのは、真っ先に「おいしい!」と反応するのはこどもたちというコト。

アンパンマン作者のやなせたかしさんが「本当に良いものはこどもが一番わかっている」
と言っていたけれど、本当にそうかもしれない。

小学生の友だちは、ほうじ茶を飲んで「ヤバいくらい美味しいな」と言ってスッカリはまっている。
彼女の言葉をきいて、このお茶が生み出されるプロセスは合っているんだなとあらためて感じた。

手間をかけて愛でた自然からの贈り物は、
きっとまだ自然に近いこどもたちが一番に受け取れるんだろう。

これからもわたしの暮らしの中には健一さんのお茶があって、大切に思う人にお茶を淹れたり、
その時々でお茶を贈ったりしていくのだろう。

それはとてもあたたかな光景で、ふわっとしたしあわせに包まれている。

今井 雅子
今井 雅子 プロフィール

生後6か月のころからずっと箕面市に住んでいる。
飲んでもくもくパワーをもらってから健一さんのお茶が大好き。
労働センターの通信や古本市や春の大バザーが大好き。

SMA(脊髄性筋委縮症)という不思議なハンディスーツを着て生まれ、
生活のいろんなシーンで介助が必要。
介助者とのなんちゃって一人暮らしを始めてから13年目になる。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM