は〜い!カラオケ大好きフリーターのカタやんで〜す。「とよのマル秘情報ファイル」、気がつけばはや第6回。今日も元気に豊能障害者労働センター(以下、とよの労セン)の素顔をあばいていくぜ!


 さて今回は、箕面市坊島にあるリサイクルショップ「ぶらぼう」の巻。そもそもブラボー!というフレーズは、コンサートなどで歌や演奏が終わった時に発する大音声、ブラヴォォォォーじゃ。イタリア語でBRAVO(ブラボー)。日本語ならさしずめ、「お見事っ!」とか、「いよっ日本一!」、「松島家!」など、喝采のかけ声みたいなもんじゃろう。

 おお、そうじゃ。「喝采」といえば、誰もが知っている昭和の名曲、1972年日本レコード大賞受賞曲、「喝采」を避けては通れぬ。

 ♪いつものように幕が開き、恋の歌うたうわたしに

  届いた手紙は、黒い縁取りがありましたあああああ〜

 うおー、涙ちょちょ切れ、名曲じゃ。拍手喝采、大喝采!ちあきなおみ様の「喝采」は、ワシのハートをわしづかみ。おお、ワンダフル!すばらしい!!感動したぁ〜!!!ブ、ブ、ブ、ブラヴォォオーーーーッ!!!とまあ、こんな時に叫ぶのがブラボーじゃ。

 この喝采のかけ声を敢えてひらがな表記の「ぶらぼう」として、箕面市を東西に結ぶ交通の要衝、坊島に店を出したのは2002年。誰もが気軽に立ち寄ることができ、坊島地域の活性化をも狙ったフラッグショップ。「ぶらりぼうのしま」なるキャッチフレーズも功を奏し、店の前には箕面のセレブたちも高級車を横付けする人気店。まさに坊島のランドマーク、それがリサイクルショップ「ぶらぼう」じゃった。さらに驚愕の事実が判明した。なんとセレブたちのお目当ては、箕面のヨンさまじゃと言われておったらしい。ヨンさまといえば、あの「冬のソナタ」のチュンさんやぞ。チョン・ユジンさんの恋人役のイケメンじゃ。

 というわけで、さっそく真偽を確かめるべく、ワシは「ぶらぼう」の潜入取材を行った。「ぶらぼう」でワシを出迎えたのが店長のI君。

「いつもすみません。」I君は言った。ワシは、とよの労センでは一介のアルバイトに過ぎぬ。ところがI君は、そんなワシに対しても腰が低い。丁寧で一途な男性じゃ。やせ形、くるりとした目、きまじめにして謙虚。傲慢なワシですら思わず腰を折ってしまう人徳と人並みはずれた謙虚さが、I君にはある。

 さっそくワシは、I君に聞いた。「Iさん、『ぶらぼう』の特長はなんでっしゃろ?」

「そうですねえ…昔からいろんな和服を販売していることじゃないでしょうか。」

「ほう…」と興味深くうなずくワシじゃが、真の目的はそこではない。「ところで、Iさん。この店に箕面のヨンさまがいたという話、知っとるけ。」

「箕面のヨンさまですね、はいはい…」衝撃発言じゃった。本当に箕面のヨンさまはいるらしい。驚きのあまり絶句するワシ。

「以前、カラーチラシの撮影でマフラーを巻いたことがあるんですが、あまりに決まりすぎて自分でも驚きました。ヨンさまそっくりでした。」

「????」ひょっとして、ヨンさまというのはI君自身?なんとウワサの出どころはご本人かえ?え、え、え、え。I君の自画自賛ぶりはお見事っ!というほかに言葉が見つからない。もし、別の言葉があるとしたら、ブ、ブ、ブラヴォォオーーーーッ!じゃろうよ。

      ぶらぼう 箕面市坊島3丁目21-5 ☎072-720-7739

は〜い!お茶大好きフリーターのカタやんで〜す。「とよのマル秘情報ファイル」も、あれよあれよの第5回。今日も元気に豊能障害者労働センター(以下、とよの労セン)の素顔をあばいていくぜ!


さて今回は、お待たせしました久々お茶の話。

お茶と言えば、その起源は今からざっと5000年前。紀元前2700年頃にさかのぼる。中国の神話時代、お茶は薬として飲まれておったそうな。5000年という壮大なスケール、時の重みこそが、奥深きお茶の味わいそのものじゃろう。

とはいうものの、数あるお茶の中でワシが生涯忘れられないお茶はただひとつ。幼少のみぎり、毎日、オカンが、ヤカンいっぱい作ってくれたほうじ茶こそが、我が愛しのお茶じゃ。“ミルキーがママの味”なら、さしずめほうじ茶は、オカンの味。こいつを出されたらワシの涙腺はもうアカン。

 

 茶経 全訳注 (講談社学術文庫) 

中国唐代、「茶聖」陸羽によって著された世界最古の茶書『茶経』を、豊富な図版とともにやさしく読み解いた現代人の必読書。

 

さて、このほうじ茶、番茶の茶葉を160℃〜180℃で5分〜10分間、焙じて作るが、科学的には、番茶に含まれるアミノ酸と糖分のふたつの成分が熱に反応し、香ばしい匂いが生まれるという。加熱することで苦味や渋味が薄れ、ほうじ茶ならではの香りがグッと引き立つ。さらにこのほうじ茶には、長き歴史と伝統を誇る多くのお茶とは一線を画す重大なる秘密があったのじゃ。


時は昭和4年ごろ、昭和恐慌と呼ばれた大不況時代のことじゃった。当時、高級な飲み物であったお茶は、不況のため売れゆきが激減、茶商の倉庫は在庫の山となった。困り果てた京都の茶商が、茶葉を大学の研究室に持ち込み、茶の再生を依頼したという。


ところが、ひとりの助手が、湿っけていた茶葉を鍋で乾燥させようとしたところ、うっかり鍋の中で煙が出るまで焦がしてしまったから、研究室は上を下への大騒ぎ。
「こりゃ、もう飲み物にはならんで…」と思いつつお湯を注いでみたら摩訶不思議、芳ばしい香りあたりに立ちこめさっぱりした口当たりも好評じゃった。まさにひょうたんから駒で、ほうじ茶は生まれたそうじゃ。

 


なんと100年に満たぬ歴史のほうじ茶と、5000年の伝統を誇る銘茶。あたかも1歳の赤児が50歳のおやじにケンカを挑むようなもんじゃ。ところが、ほうじ茶は、瞬く間に衰退する茶業界を席巻した。あたかもキャンディーズやピンクレディが国民のハートをわしづかみにしたように、茶界のスーパーアイドル、HOGは誕生した。人気の秘密は、青臭くない斬新な香り!アイドルは常にスカッとさわやかでなければならない。しかもほうじ茶はノンカロリー。カフェイン・タンニンなどの苦みや渋み成分も少なく、幼な子から高齢者まで、幅広いファン層の獲得に成功した。

とりわけ、とよの労センが販売する「ゆっくりとほうじ茶」は、農薬の心配もなくがぶがぶ飲める。この安心感はなにものにも代え難い。

茶界のアイドル、ほうじ茶は、激動の昭和を生きる人々の心をとりこにした。キョンキョンにも匹敵する、♪なんてったってア〜イド〜〜〜ル。なんてったってHOG(ホ〜ジィ)、イェイ!

ということで、キャンディーズやピンクレディ、さらにはキョンキョンにも匹敵するほうじ茶は、日本茶界初のアイドルだったということにガッテンしていただけましたでしょうか。ガッテン!ガッテン!ガッテン!

 

  180g 760円(税込み・送料別)

  は〜い!老いぼれフリーターのカタやんで〜す。「とよのマル秘情報ファイル」もめでたく第4弾。今日も元気に豊能障害者労働センター(以下、とよの労セン)の素顔をあばいていくぜ!


  今回は、リサイクル事業の舞台裏パート2。とよの労センには、創立の頃から30年余も続いてきた伝統の難行、チラシまき!がある。世間ではポスティングなどと舶来語を使っておるが、とよの労センでは昔も今もチラシまき!一本じゃ。一軒一軒こつこつとリサイクル事業について知ってもらうため地道な努力を続けてきた。

  ところが、このリサイクル事業、100円ショップの乱立や消費者のブランド離れが災いし今や崖っぷち、逆境に立たされておる。そんな厳しい現状を感じつつ、去年7月、ワシもスタッフのH君とふたりで初のチラシまき!に挑んだ。

真夏の炎天下。場所は蛍池界隈の住宅地。一度に1000枚のチラシを配って歩く。チラシの詰まった布バッグは重かった。バッグを持っているだけで汗が噴き出した。おまけにその日は夏一番の猛暑だったため、いきなり全身汗びっしょり。熱中症と背中合わせの生死を賭けた難行苦行とあいなった。

  灼熱地獄の昼下がり、入道雲を突き刺したかと思えるほどの高層マンションを見つけた時はうれしかった。「これでチラシの100枚や200枚は一挙に配ることができる。やったぜ、Hさん!」とワシが叫ぶ。H君もなんか言うたが聞きとれんかったが、「地獄に仏とはまさにこのこと。神のご加護じゃ、ズビズバ!」。

  が、しかし、現実は冷酷じゃった。郵便受けに記された非情な一文。チラシ、勧誘いっさいお断り。

「オーマイガッ!」

「このマンションはダメですよ。」H君は冷静だ。さっき何か言ったのはこれか。蜘蛛の糸がプツンと切れ、真っ逆さまに血の池へと転落したカンダタの思い、しかと受け止めたぞよ。ワシの目からは一筋の涙。

「どーしたんですか?」とH君。

「なんのこれしき、心の汗じゃ。」ワシは、そうウソぶいた。

血の汗流せ、涙をふくな、行け行けカタやん、どんとゆけ!炎天下の住宅街をさまようこと1時間30分。ワシもH君も脱水状態でヘロヘロじゃ。そこにこつ然と現れる清涼飲料水の自動販売機。

「救われた。神のご加護じゃ、ズビズバ!」。

「Hさん、なんか飲まへんけ?」

「のど乾いてるけどお金持ってない…」と答えるH君。

「オーマイガッ!」。ワシは絶句した。が、仕方ない。なけなしの300円を出して言う。

「なに飲む?」H君は答えた。

「○○レモン」。一番高いやつだった。なんてやつだ、遠慮ちゅうもんを知らんのか。プリプリ…

 

 こうしてチラシまき!は夏じゅう続いたが、年寄りは危いと思ったか、その後ワシに声はかからんかった。

 秋。台風による甚大な被害を乗り越え、スタッフ間の絆は深まった。

 冬。昼なお凍てつく北摂の町は日中でも摂氏1〜2度という日々が続いた。チラシまき!も続いた。スタッフは寒さをものともせず歩いて配って、ふるえながら帰ってきた。逆境がスタッフを強くする。これこそが労センの財産だ。胸の奥からこみあげてくる熱いものにワシは酔いしれていた。

 

 

 は〜い!オヤジ・フリーターのカタやんで〜す。「とよのマル秘情報ファイル」もようやく第3弾。これからも豊能障害者労働センター(以下、とよの労セン)の素顔をじゃんじゃんあばいてやるぜ。今回は、とよの労セン、リサイクル事業の拠点、箕面4丁目にある「ピンクポコペン」に潜入じゃ!

 さて、とよの労センは、様々な事業を手がけておるが、その1つがリサイクル事業。リサイクル品は、すべて一般の方々からご寄付いただいたもの。みなさんのご厚情には深く感謝じゃ。このリサイクル品を集約、仕分けしているのが「ピンクポコペン」。30年前には、スーパーマーケットだったという超弩級の年季が入った建物を、店舗&倉庫として再利用したという、これぞリサイクル魂さく裂の店である。

 店名の由来は、中国語のプウコオピエン(元値に足らず)という言葉からきているらしい。原価を割ってでも商品を買ってもらおうという見上げた心意気だが…実はしかし、隣り町の池田市に「ぺんぽこハウス」という変てこな名まえの店があり、その名まえをまんまパクって逆にしただけという衝撃の証言も入手済みじゃ。

かくもうさん臭く、謎に満ちた店、「ピンクポコペン」には、いつかとんでもない事件が起きそうな怪しい気配が漂っておった。

 

 

  日曜・祝日の休業日以外は毎日、眠れるお宝の数々を、店と倉庫が一体となったピンクポコペンのバックヤードで、スタッフが仕分け値付けをしておる。地味で目立たない実に根気のいる作業じゃ。万事がええ加減で大ざっぱなワシには到底マネできぬ仕事じゃわい。

 そんなピンク倉庫にとうとう悲劇は訪れた。

 2017年10月22日、近畿地方に最接近した大型の台風21号が、倉庫に牙をむいたのじゃ。トタン屋根が飛ばされ倉庫は水びたし。かなりの量の在庫が売り物にならなくなった。惨状の中、ある者は茫然と立ちつくし、ある者は泣きながら後片づけを始めたが、商品を寄付してくれた方々に申し訳なく思う気持ちに押しつぶされ、スタッフはみな働く意欲を失い、そして途方に暮れた。

 そんな時じゃった。ずぶ濡れの倉庫で衣装ケースにたまった雨水をバケツで掻き出し、雨水が流れ込む床をただ黙々と拭き続けるスタッフの存在。朝は一番に出勤し床を拭き、夜は最後まで後片付けをやめなかった大男、H君。ポッキリ折れたみんなの心は、彼のひたむきさに救われて、リサイクル魂は蘇った。

◉屋根のトタンがふっ飛び、倉庫の中は水びたし 

 

 明けて2018年1月10日、台風襲来から79日後、倉庫は復旧し通常営業にもどる。屋根は大家さんのご厚意で以前よりもきれいになった。そして、倉庫のスタッフたちは、これまでよりほんの少し太い絆で結ばれた。

 地道な作業を厭わないスタッフのおかげで、昨日も今日も、そして明日も店は開き、プウコオピエンで超お買い得品を販売できる。実にありがたいことじゃ。最後にもう1度、商品をご提供くださったみなさまに深謝。

 次回も「ピンクポコペン」の続報をお届けするぞ。乞うご期待!

 

 

は〜い!お茶大好きオヤジ、カタやんで〜す。「とよのマル秘情報ファイル」No.2は、前回にひき続き、豊能障害者労働センター(以下、とよの労セン)イチオシ、「春の番茶」その2!さっそくスタートじゃ。
いきなりじゃが、とよの労センの専従でワシをカタ呼ばわりするF君は、体験入居という制度を利用し、時おりグループホームに泊っているらしい。そのF君、ワシを見ると決まって「カタさん、明日のグループホームのメニューなに?」と聞いてくる。「知るか、そんなもん!」とも思うがワシも大人じゃ、ぞんざいな受け答えは慎むべきじゃろう。そこで、「昨日のことは覚えちゃいねえ、明日のことなんてわからねえな」とニヒルに答えるワシ。昨年から労センがいっちょかみして始まったグループホームは、障害者たちがいろんなことを経験し、運がよければより楽しく生きるためのスキルが身につく可能性のるつぼと言えよう。入居者たちはみな未来を支える原石じゃ。
原石といえば、お茶にも原石の名にふさわしい逸品がある。「春の番茶」もそのひとつ。この「春の番茶」、まるでF君のように突拍子もなく味わい深い。器にそそぐと淡い黄緑、見てるだけで心がなごむ。
  

                        180g 760円(税込み)

 

そもそも番茶とは、硬い葉や古くなった葉で作られた普段使いのお茶じゃが、春番茶は、新芽の時期からおよそ1年を経た翌春まで、あえてひと冬摘み残した茶葉で作られる。「獅子はわが子を千尋の谷に突き落とし」、「かわいい子には旅をさせよ」の喩えもある。「ローマは一日してならず」。一日一歩、三日で三歩、三歩進んで二歩下がる。人生は、ワン・ツーパンチ、お茶は凍てつく冬を忍ばせろ!ちゅうわけじゃ。つまり、茶葉の受けたストレスがよりおいしいお茶に変身した、それが「春の番茶」。
「春の番茶」は、そそぐお湯の温度によってその味わいが大胆に変化する。初めて飲みくらべた時、ワシはその違いに驚き、興奮を押し隠すことができんかった。まず、ぬるま湯を差すと甘いお茶になり、熱湯をそそぐとほどよい渋さのお茶に様変わり。カタやん、感激!
実は最近、ワシ、浮気をしとるんじゃ。ぐふふふふ。ワシも老い先短いわけで、いろんな経験してみた〜い。「ゆっくりと茶」販売のアルバイトという身でありながら、ワシは不忠にも、屋久島と宮崎のお茶を買った。もちろん無農薬を選んだし、有機か自然栽培のお茶を探して飲み比べた。茶の味は、実に千差万別じゃった。有機栽培茶は、茶葉の味をしっかり考え仕上げられていた。肥料を入れると言うことはチッソ分を増やすということ。チッソ分が多ければ旨みは増す。一方、とよの労センの「ゆっくりと茶」は自然栽培、肥料は使わない。そこがまあ、ワシがお茶の原石になぞらえるゆえんでもあるんじゃが、あえてよそから栄養素を持ち込まず、あるがままの味を楽しむ。他のお茶にはないまろやかさは、舌で味わうだけではない、からだ全体が喜びを感じるお茶。かのブルース・リー先生もおっしゃっておる。Don’t think,Feeeel、 感じろ!と…
ぜひ「春の番茶」を、一煎目は、ぬるいお湯で甘みを感じ、二煎目は、熱い湯でガツンとくる渋甘の魅力を感じ尽くしていただきたい!

                      

 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM