カタやんのとよのマル秘情報ファイル No.9

「そしてワシは途方に暮れる...茶味礼賛 第4煎   

 この夏ワシは、春の番茶の水出し一辺倒じゃった。きっかけは実にささいなことで、確かあれは7月末頃のことじゃった。
クソ暑い悪夢のような夏が始まろうとしていた。ワシは来るべき酷暑の季節にそなえ、ほうじ茶に煎茶や和紅茶と、夏を乗り切る2018年夏のお茶を探し求めておったんじゃがこれというのが見つからない。どのお茶もワシの心ぽっかり空いた穴を埋めることはできんかった。
   ワシのガラスのハートにぽっかりあいた穴。それはもちろん6月に大阪北部を襲った大地震。阪神淡路の巨大地震を体験したワシは、まさか2度までもうんざりするような災厄に見舞われるとは思ってもいなかった。うかつじゃったと悔やんだところであとのまつりじゃ、どうにもならぬ。ワシの部屋は、ワシの腰あたりまで崩れた本で埋め尽くされ、机の上にもうずたかく本は押し寄せた。そしてワシは途方にくれた。今ワシは、本に埋もれながらも九死に一生を得たノートパソコンでこのブログを書いておる。

 

  思い返せば23年前、総崩れした本の山の前でワシは決意したのではなかったか。「もう2度と恋などしない」と…。本に恋し紙の海に溺れる愚とはキッパリ縁を切ったはずじゃった。にもかかわらず、性懲りもなくワシはふたたび本に埋もれた部屋の前で立ちつくし、そしてワシは途方にくれる。
 この日以来、欠かさず飲んでいたゆっくりと茶が、何を飲んでも、どんな飲み方をしても以前のように美味しいとは思えなくなってしまった。それでもなんとか夏序盤の猛暑は、冷たい水出し煎茶で乗り切った。水出し煎茶の味わい深さについては、前々回のブログ#7「何も言えなくて、夏の煎茶」に詳しく書いておるからご参照いただきたい。
 が、そこまでじゃった。7月末にワシの心は折れた。日々、茶葉の量は増し、濃いお茶に傾倒していくが、いくらお茶を濃くしてもワシは満たされない。夏はまだこれからじゃという時にワシの心は折れた。濃い〜耕心茶で心に喝を入れてみようとしたが、健康茶の代名詞、お茶の中のお茶、お茶ワールドのホームラン王、耕心茶をもってしてもワシの心は癒せなかった。大阪北部地震でずたずたになったワシの心に必要なのは、ガツンとくる刺激じゃと、ワシは思いこんでしまっていった。
 そこで「ゆっくりとほうじ茶」をふだんはさっぱり甘みも楽しみながら飲んでおったのじゃが、この時だけはすこぶる濃い目にして深く煎じて飲んでみた。ガツッときて悪くはなかったが、なにかが足りない…
 さあ、こまった。どないしたらええんやろう?汗だくになりながら、崩れた本の山を整理していた休日の昼さがり、ワシはすべてが面倒くさくなって、なにもかもがどうでもよくなって、やけっぱちで春の番茶の茶葉をケチくさく、ほんのひとつまみだけボール茶こしに放り込み、2リットルのヤカンに入れた。なみなみと水を満たして。春の番茶は水出しにすると血糖値を抑える成分、ポリサッカライドが抽出されると注目のお茶であった。

   

 待つこと15分。グラスにそそぎひととき清涼を求める。用意したグラスは3種類。カップではなく断然グラス。夏はガラスの器じゃよ。200ccのコーヒーカップ、350ccのロンググラス、そして500ccのビアグラス。その日の気分でお好みの器を決めるのが、お茶大好きフリーター、ワシの流儀じゃ。この日は、ロングカクテルを飲みたい気分もあって、真ん中の350ccのグラスでイッキに水出し番茶を飲み干した。するとどうじゃじゃ。ワシがこれまで敬遠していた水出し番茶特有のナマっぽい(ナマなのだから当然じゃが)青臭さを感じることもなく、ほんのり甘く奥ゆかしい春の番茶が溶け出していた。ワシが思うにおいしいお茶の要因は、1、「いつもより茶葉を少なめにしたこと」。2、「酷暑の日々に水温も気温なみに上昇、なまぬるい水で茶を出ししたこと」が、疲れたワシの心をもみほぐす絶妙の味わいにつながったのではなかろうかい。

 

  もちろん、「ゆっくりと茶」が無農薬・自然栽培茶で、がぜん健康的であることや、とくに「春の番茶」は、茶樹を越冬させて翌年の春収穫することで大地と空間のエネルギーをがっぽり吸収しているといった超自然的恩恵など、ワシの心にプラシーボ的作用をもたらしたと言えなくもない。さらに、科学的な観点からも、水出しの番茶には、血糖値をおだやかにするポリサッカライドが含まれておるので、体調が改善するのも当然と言えば当然なのだが、今回ばかりは、すべてを超越した何かがワシに手を差し伸べていた。茶葉を少なくしたことで茶葉さんたちが頑張ってくれて、茶のおいしさを引きだしてくれたのかもしれぬ。茶葉のやさしさが、ゆっくりとワシを元気づけてくれたのじゃと思いたい。
8月に入ってからは、連日2リットルのヤカンで朝夜2回、水出し春番茶をつくり飲み続けた。このお茶のおかげでワシは、厳しい夏の後半を乗り切った。夏バテにやられがちな季節の変わり目、なぜか心沈む秋の憂いにも屈することなく、水出し番茶を心の友にどうにかこうにか生き抜いておる。ワシにとって春の番茶は単なるお茶、ではなくなった。同志というか、気心通じ合った心の友となった。
さあみなさんも、思いがけない出来事で心をすりむいてしまったら、少々淡いめ、春の番茶に癒されてみませんか。

 

  春の番茶 180g 760円

想いを伝えるために...くるりん リニューアル」

 

  阪急石橋駅から箕面駅までの4kmを結ぶ阪急箕面線。途中の停車駅は、桜井と牧落の2駅。所要時間はわずか6分、つかの間のレイルウェイ。箕面は知る人ぞ知る観光シティーじゃ。ランドマークの大滝は四季を通じて行楽客が途切れることはない。大滝は日本の宝、世界の宝、トレジャー・シティー箕面の大滝っ!「くちびるツンととがらせてぇ〜」、おっとこれは大滝詠一、とんだ滝ちがいじゃった。


  さて今回は、別れの気配をポケットに隠して、もみじ天ぷら食べながらトレジャーハンティングへとご案内しよう。向かうは終着箕面のひと駅手前の牧落駅。駅そば徒歩2分の好立地にあるリサイクルショップ「くるりん」は、お宝がいっぱいじゃ。

 「くるりん」は、1995年、豊能障害者労働センター(以下、労セン)がリサイクルショップとしてオープンした第1号の店じゃ。「くるりっと商品がまわるように!」という願いを込めてのオープン。高級ブランド品の数々、しかも値段は格安とあって近所でも評判の店となる。

 23年前の当時は、まだリサイクルショップなどほとんどなく、古物商としての営業が大半じゃった。そのなかで「くるりん」は、ブランドものを扱うブティックをめざした。「百貨店にも負けない店にしよう!」それがスタッフ間の合い言葉となり、必ず繁盛させるという覚悟が芽生えた。オープンから「くるりん」の店長を務めるKさんもそのひとり。Kさんは、2009年、労センの機関誌「積木」でこう語っている。

 

            2009年7月10日(積木No.210) 「くるりん」K店長

 

  『障害者が働いてお金を得てそれをもとに生活している姿を応援してもらいたいのです。障害者が何もできないのではなく、皆さんと同じように「社会」に出て活き活きしている姿を見てもらいたいのです。皆さんの応援によって私たちは一歩前進することができるのです。』

 

 寄稿から9年を経たKさんに、今回ワシは、あえて「くるりん」の課題を問うてみた。Kさんは少し言いにくそうに、しかし言葉をえらびながら答えてくれた。
 「『あんたら無料(タダ)でもらったもんにようこんな(高い)値えつけて売るな…』と、たまに言われることがあるんですわ」と。Kさんはリサイクルショップの店長として、ごく少数ながらも「タダのものに値段をつけて売るなんて」という批判を真摯に受け止め、厳しい現実と向き合ってきたのだった。実は以前、リサイクル担当スタッフのTさんからも同じ話を聞いていたのでワシはさほど驚きはしなかったのじゃ。ワシ自身、労センでバイトを始めた頃、1年ほどリサイクル品の回収を経験した。週に1度リサイクル品回収のため提供者の家を訪問しありがたく品物を受け取って帰るのが日課となった。

「長年大切にしてきた高価なものだから…」と、提供者から思い入れたっぷりの話を聞き、「はい、大切に売らせていただきます。」と、品物を受け取った時、ワシはいつも感じていた。「ほんまにええもんなんや、くれぐれも二束三文などでは売ってくれるなよ!」という持ち主の親心にも似た熱い厚いメッセージを。

品物を提供する人とそれを買う人。立場の違いでその値段への感じ方は違ってくるとワシは思う。リサイクル担当者の思いも同じはずじゃ。人々の想いを反映できる、その品物にふさわしい値段をつける。それが安いか高いかは買ってくださる方に判断していただくしか今のところ道はないのかもしれぬ。

 

 

 四半世紀、店長として「くるりん」とともに歩んできたKさん。Kさんの『今以上に明るく入りやすい店になる事を目指したい』という願いを込めた大リニューアルが、去る8月9日、10日に行われた。

 

 

◆お盆休み前の2日間。店内のリニューアル作業が急ピッチで進む「くるりん」。

 

 23年もの時間を経れば店内も古びてくる。ペンキははげ落ち床も黒ずむ。それは人も同じことじゃ。ワシを見てみい、老いさらばえて朽ち果て悪臭を放ち、いささかひがみっぽくもなる。あたかも便所のように。あるいは長年の酷使に耐えきれず表面がどす黒く垢に染まったレジカウンターのように。身も心も衰えること甚だしい。悲しい限りじゃ。労センのスタッフは、そんなワシを尻目にリニューアルに邁進してくれた。

 

 

Before  ⇒   After  レジカウンターもご覧の通り


なんといってもレジカウンターはくたびれていた。が、しかしである。見よ、この大変身。店内すべてが明るくなったと錯覚するほどレジカウンターはまぶしい。特に天板は神々しい。この板を見つけだすのには苦労した。探してきたのはワシじゃから。側面は、ブー・フー・ウーでお馴染み、三匹の子ブタの家をほうふつとさせるおとぎ話チックにまとめてみた。

なんとも言えぬ複雑なニオイに満ちていた便所は、すみずみまで洗い拭き清められ、床には防水マット、タイルの壁は、ブー・フー・ウー仕様。レジカウンターで余ったシートを有効利用させていただいた。

 

 

Before  ⇒  After 床と壁を貼り替え便器もピッカピカ


 店内やトイレは見違えるような輝きをとりもどした。レジカウンターも見違える。

 「くるりん」は、これからもK店長を先頭に、地域の人々へ掘り出しモノ発見の喜びを提供し続けていくに違いない。

 

 閑静な住宅街の一角で産声をあげはや23年。これからも多くの人々に愛され、地域のショップであり続けるための大改造にも大成功!とは言っても、別にワシがリニューアルをしたわけやない。ワシはしがないアルバイトじゃ。専従のスタッフさんに言われるままにペンキを買いに走ったり、レジカウンターの天板を痛い腰をかばいつつひとりきりで運んだだけのこと。どうせワシはただのパシリに過ぎぬおいぼれじゃ…トホホのホじゃ。

           営業日時 月〜土 10:30〜18:00(日祝休業)
           電話番号  072-724-9543
           〒562-0042大阪府箕面市百楽荘1-2-7-103ハイツ弥生

「何も言えなくて、煎茶の夏」 
 
  夏が来た!今年の夏はすこぶる暑い。そんな暑い夏にピッタリの名言を知っとるけ?『毒をもって毒を制す』、これじゃ。暑い夏こそ熱いお茶を!!と言いたいところじゃが、さすがのワシも今年の夏だけは、そんな強がり言うてはおられん。まだ夏は始まったばかりじゃというのに、ワシはすっかり夏バテ、何を言う気力も体力もない夏が来た。
  毎日が灼熱地獄、熱波の夏。真っ赤に燃えた太陽だから真夏の海は、恋の季節なの〜などと踊っている場合ではない。誰もが熱中症の危険にさらされている。そんな暑すぎる夏の昼下がりには、氷を浮かべた冷たいお茶でひとときうだる暑気を払い去り、ほのかな甘みとさっぱり渋みに酔いしれたいものじゃ。
  というわけで今回のテーマ、「何も言えない夏、ゆっくりと煎茶の水出しでおつかれサマ〜」。めっちゃ字余り…
  ところで、さっそくワシ事で恐縮じゃが、過去には「耕心茶こそ一番じゃ!」とか、「お茶を飲むなら断然ほうじ茶だぁ!」など、移ろう季節の折々に洞察力に満ちた数々の提言を試みてきた。ある人はワシのことを変節漢と蔑むであろうか?すべてはワシの一途なお茶への愛情表現じゃ。それゆえに、このクソ暑い夏だからこそ飲みたいお茶がある。それは、誰がなんと言っても、誰も何も言わなくても、水出し煎茶が一番とワシは声を大にして訴えたい。「ゆっくりと煎茶」なら、なおさらに申し分ないぞよ。
  さて、そもそも煎茶とは、どんなお茶か?ただ緑色をしただけの、じいじやばあばが好んで飲む渋い飲み物と思いこんでいる人も少なくないじゃろう。年寄りが好む渋い飲み物、それが煎茶と思いこんではおらぬかえ。実はワシ、知ってしまったのじゃ。煎茶のうまさを…。「だから煎茶は、年寄り好みのお茶なのだっ!て言うんだよ」と毒づく声も聞こえてきそうじゃが、そうではないんだ、違うんだ。煎茶の美味しさは、とろっとした甘みと、さっぱりとした渋み。その両者の絶妙なバランスにあった!ということを知ってしまったのじゃ。
  ちまたでは渋みとうまみのバランスとさっぱりした後味を引き出すためには、70℃前後のお湯をそそぎ、1〜2分おくのが良いと言われておるが、果たしてそれだけか?煎茶の魅力というものは…
  さにあらず。煎茶本来がもつ上品な甘みをより多く抽出することができたらどうじゃろう。とろっとした甘みのある煎茶が飲めるんじゃ。極論すればつまり、玉露や抹茶と見まがうような贅沢なうまみを堪能できるということになるんじゃよ。煎茶を水出しすれば玉露になると語る高名なお茶の専門家もいるくらいじゃ。
  では、そのためにどうするか。答えはカンタン、水出しじゃ。渋み成分のカテキンは、熱湯によくとける。反対に甘み成分のテア二ンは水で溶ける。水出しした後の茶葉は、二煎目で熱湯を注いでもらえば十分渋い煎茶を楽しめる。ひとさじで2度おいしく、しかも安心できるお茶、ゆっくりと煎茶は、無農薬の自然栽培じゃから、熱湯消毒など余計な心配も不要。水出しでがぶがぶ飲むがよろしかろう。

  ゆっくりと煎茶 760円(100g)

 

 

 

 

 

 

 

 は〜い!カラオケ大好きフリーターのカタやんで〜す。「とよのマル秘情報ファイル」、気がつけばはや第6回。今日も元気に豊能障害者労働センター(以下、とよの労セン)の素顔をあばいていくぜ!


 さて今回は、箕面市坊島にあるリサイクルショップ「ぶらぼう」の巻。そもそもブラボー!というフレーズは、コンサートなどで歌や演奏が終わった時に発する大音声、ブラヴォォォォーじゃ。イタリア語でBRAVO(ブラボー)。日本語ならさしずめ、「お見事っ!」とか、「いよっ日本一!」、「松島家!」など、喝采のかけ声みたいなもんじゃろう。

 おお、そうじゃ。「喝采」といえば、誰もが知っている昭和の名曲、1972年日本レコード大賞受賞曲、「喝采」を避けては通れぬ。

 ♪いつものように幕が開き、恋の歌うたうわたしに

  届いた手紙は、黒い縁取りがありましたあああああ〜

 うおー、涙ちょちょ切れ、名曲じゃ。拍手喝采、大喝采!ちあきなおみ様の「喝采」は、ワシのハートをわしづかみ。おお、ワンダフル!すばらしい!!感動したぁ〜!!!ブ、ブ、ブ、ブラヴォォオーーーーッ!!!とまあ、こんな時に叫ぶのがブラボーじゃ。

 この喝采のかけ声を敢えてひらがな表記の「ぶらぼう」として、箕面市を東西に結ぶ交通の要衝、坊島に店を出したのは2002年。誰もが気軽に立ち寄ることができ、坊島地域の活性化をも狙ったフラッグショップ。「ぶらりぼうのしま」なるキャッチフレーズも功を奏し、店の前には箕面のセレブたちも高級車を横付けする人気店。まさに坊島のランドマーク、それがリサイクルショップ「ぶらぼう」じゃった。さらに驚愕の事実が判明した。なんとセレブたちのお目当ては、箕面のヨンさまじゃと言われておったらしい。ヨンさまといえば、あの「冬のソナタ」のチュンさんやぞ。チョン・ユジンさんの恋人役のイケメンじゃ。

 というわけで、さっそく真偽を確かめるべく、ワシは「ぶらぼう」の潜入取材を行った。「ぶらぼう」でワシを出迎えたのが店長のI君。

「いつもすみません。」I君は言った。ワシは、とよの労センでは一介のアルバイトに過ぎぬ。ところがI君は、そんなワシに対しても腰が低い。丁寧で一途な男性じゃ。やせ形、くるりとした目、きまじめにして謙虚。傲慢なワシですら思わず腰を折ってしまう人徳と人並みはずれた謙虚さが、I君にはある。

 さっそくワシは、I君に聞いた。「Iさん、『ぶらぼう』の特長はなんでっしゃろ?」

「そうですねえ…昔からいろんな和服を販売していることじゃないでしょうか。」

「ほう…」と興味深くうなずくワシじゃが、真の目的はそこではない。「ところで、Iさん。この店に箕面のヨンさまがいたという話、知っとるけ。」

「箕面のヨンさまですね、はいはい…」衝撃発言じゃった。本当に箕面のヨンさまはいるらしい。驚きのあまり絶句するワシ。

「以前、カラーチラシの撮影でマフラーを巻いたことがあるんですが、あまりに決まりすぎて自分でも驚きました。ヨンさまそっくりでした。」

「????」ひょっとして、ヨンさまというのはI君自身?なんとウワサの出どころはご本人かえ?え、え、え、え。I君の自画自賛ぶりはお見事っ!というほかに言葉が見つからない。もし、別の言葉があるとしたら、ブ、ブ、ブラヴォォオーーーーッ!じゃろうよ。

      ぶらぼう 箕面市坊島3丁目21-5 ☎072-720-7739

は〜い!お茶大好きフリーターのカタやんで〜す。「とよのマル秘情報ファイル」も、あれよあれよの第5回。今日も元気に豊能障害者労働センター(以下、とよの労セン)の素顔をあばいていくぜ!


さて今回は、お待たせしました久々お茶の話。

お茶と言えば、その起源は今からざっと5000年前。紀元前2700年頃にさかのぼる。中国の神話時代、お茶は薬として飲まれておったそうな。5000年という壮大なスケール、時の重みこそが、奥深きお茶の味わいそのものじゃろう。

とはいうものの、数あるお茶の中でワシが生涯忘れられないお茶はただひとつ。幼少のみぎり、毎日、オカンが、ヤカンいっぱい作ってくれたほうじ茶こそが、我が愛しのお茶じゃ。“ミルキーがママの味”なら、さしずめほうじ茶は、オカンの味。こいつを出されたらワシの涙腺はもうアカン。

 

 茶経 全訳注 (講談社学術文庫) 

中国唐代、「茶聖」陸羽によって著された世界最古の茶書『茶経』を、豊富な図版とともにやさしく読み解いた現代人の必読書。

 

さて、このほうじ茶、番茶の茶葉を160℃〜180℃で5分〜10分間、焙じて作るが、科学的には、番茶に含まれるアミノ酸と糖分のふたつの成分が熱に反応し、香ばしい匂いが生まれるという。加熱することで苦味や渋味が薄れ、ほうじ茶ならではの香りがグッと引き立つ。さらにこのほうじ茶には、長き歴史と伝統を誇る多くのお茶とは一線を画す重大なる秘密があったのじゃ。


時は昭和4年ごろ、昭和恐慌と呼ばれた大不況時代のことじゃった。当時、高級な飲み物であったお茶は、不況のため売れゆきが激減、茶商の倉庫は在庫の山となった。困り果てた京都の茶商が、茶葉を大学の研究室に持ち込み、茶の再生を依頼したという。


ところが、ひとりの助手が、湿っけていた茶葉を鍋で乾燥させようとしたところ、うっかり鍋の中で煙が出るまで焦がしてしまったから、研究室は上を下への大騒ぎ。
「こりゃ、もう飲み物にはならんで…」と思いつつお湯を注いでみたら摩訶不思議、芳ばしい香りあたりに立ちこめさっぱりした口当たりも好評じゃった。まさにひょうたんから駒で、ほうじ茶は生まれたそうじゃ。

 


なんと100年に満たぬ歴史のほうじ茶と、5000年の伝統を誇る銘茶。あたかも1歳の赤児が50歳のおやじにケンカを挑むようなもんじゃ。ところが、ほうじ茶は、瞬く間に衰退する茶業界を席巻した。あたかもキャンディーズやピンクレディが国民のハートをわしづかみにしたように、茶界のスーパーアイドル、HOGは誕生した。人気の秘密は、青臭くない斬新な香り!アイドルは常にスカッとさわやかでなければならない。しかもほうじ茶はノンカロリー。カフェイン・タンニンなどの苦みや渋み成分も少なく、幼な子から高齢者まで、幅広いファン層の獲得に成功した。

とりわけ、とよの労センが販売する「ゆっくりとほうじ茶」は、農薬の心配もなくがぶがぶ飲める。この安心感はなにものにも代え難い。

茶界のアイドル、ほうじ茶は、激動の昭和を生きる人々の心をとりこにした。キョンキョンにも匹敵する、♪なんてったってア〜イド〜〜〜ル。なんてったってHOG(ホ〜ジィ)、イェイ!

ということで、キャンディーズやピンクレディ、さらにはキョンキョンにも匹敵するほうじ茶は、日本茶界初のアイドルだったということにガッテンしていただけましたでしょうか。ガッテン!ガッテン!ガッテン!

 

  180g 760円(税込み・送料別)


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM